<< 【オーキャン覚書その2】 | main | 【オーキャン覚書その4】 >>

【オーキャン覚書その3】

2008.07.31 Thursday | by 【し】
「星のかけらを探しに行こう」が始まったら注意が必要です。
年々花火の音がデカくなってます。油断してると心停止ですw
しかも、もう終わりかな、って思わせておいてドカンときます。
ぶっちゃけ、身構えててもかなりびっくりするってオチです。

早く帰りたい人は、福耳が登場するあたりから席を立ちます。
終演後は退場規制がかかり、ブロックから出れないからです。
通常スタンド席から退場が開始されるようです。アリーナ席は、
Aブロックから。なので全体の真ん中くらいには出れます。

それでも3万人が一斉に帰り始めるので混雑するのは必至。
駅へ流れる人ごみに身を任せ、気長に順番を待ちましょう。
ただ、ここで威力を発揮するのが記念切符だったりします。

駅員さんが立っているトコだと、この切符を見せるだけで、
改札機に切符を通すことなくするーっと中に入れました。
もしかしたら出口用になってた改札だったかもしれません。
とにかく、駅員さんがいて人を通してるとこを探しましょう。
もしかしたらあっさり駅の中に入れるかもしれません。

池袋に向かうので、池袋直行の電車に乗りたいところですが、
とにかくこの混雑を抜けるのが先決、って考えもありです。
今回は直通の準急の時間がわかってたのでそれに乗りましたが、
ひばりが丘行とかに乗り、そっから乗り換えてもいいでしょう。

電車の中は、所謂満員電車。田舎人にはユルくないです。
でも、これが最後の試練とばかりにひたすら耐えます。

池袋到着後は通常の改札ではなく精算のコースをとります。
ここでも記念切符を見せるだけで通過できるので早いです。
こうして考えると、最初にちょっと時間を使って列に並び、
記念切符を買うほうがあとあと楽なような気がします。

ちなみに、記念切符を改札機に通すと小さい穴が開きます。
相方の切符はちょーど元ちとせの顔が犠牲になってました。
でも何故か私のは穴が開ききらない状態でセーフでした。
あー、なんかいらないところで運を使ったような気がする。。。

スポンサーサイト

2017.12.11 Monday | by スポンサードリンク

Comment
Add Comment









Trackback URL
Trackback