【沖縄日記】4日目その3

2008.10.16 Thursday | by 【し】


羽田へは2時間半の短い旅です。疲れるヒマもないって感じ。



三沢へ向かう便は、屈辱のバスターミナルからの出発です。
この端っこ感が毎回旅の終りの切なさを増長させるんですよね。



飛行機へ向かうバスからの夕日。滑走路に沈む夕日が見れるのは、
バスだけだったりするので、これはこれでいいなぁとは思います。



しかも、いつもはMD90なんですが、今回は機材が変更になり、
初めての737−800です。ま、興奮したのは私だけですがw



設計は古いですが、見た目は新しい737−800の機内。
で?って思った人もいるでしょうが、楽しいものは楽しいの。



雲の上に抜けると、再び沈みゆく夕日。左側列の特権です。



連日32度超えしていた沖縄から、降り立った三沢は16度。
半袖なのは私たちだけでした。浮いている、っていうより、
寒かったです。えぇ、もう、いろんな意味でw



そんなこんなでやっと、やっと沖縄日記終了です。
駄文にお付き合いいただきありがとうございました。

次は、シリコンバレー日記の予定です。。。(;つД`)

実は来月シリコンバレー視察に行って来い云われました。
今年はもう遠出したくないなー思ってたんですけどね。
そういう時に限ってこういう役が回ってくるんですね。
しかも、滞在中自由時間はたった半日しかありません。
あとはずーっと企業訪問セミナーばっかりなのです。
帰ったら帰ったでリポート提出しなきゃならんのです。
しかも相方連れてけないし。。。あぁ憂鬱だ。。。

予約申し込み不備とかで行けなくならないかなぁ。。。

【沖縄日記】4日目その2

2008.10.15 Wednesday | by 【し】


なんだかんだでようやく10時に。相方の大好きなアウトレット、
あしびなーのオープン時間です!って、沖縄まで来てアウトレットかよ、
なんて思うのはナンセンス。女ってのはこういう生き物らしいですw



時間的に余裕がなかったので、駆け足で数件だけ回りましたが、
やっぱ広いっす。半日、いや、1日ないと全部は見れませんね。



沖縄最後の食事をフードコートで頂きました。定番タコライスと、
ゴーヤーフライとタコス。これはドコで食べてもはずさないので、
沖縄旅行では必須のメニューです。これがあれば飢えることなしw



レンタカー屋の隣りのSSで満タンにして返却するんですが、
当然のようにここのガソリンは市価よりかなり高いです。
なので、前もって安いスタンドで積めておくといいでしょう。
セルフで145円ってとこで入れました。つか、安すぎね??



返却後、シャトルバスで空港へ。時間的にもまだ余裕があります。
空港の中にもお土産屋はいっぱいあります。つか前回より増えた?

【沖縄日記】4日目その1

2008.10.14 Tuesday | by 【し】
ついに最終日の朝が明けてしまいました。あぁ、宴も終わるのね。



増えた荷物をスーツケースに突っ込んだり、濡れた水着を洗ったり、
前の晩からいろいろ慌しかったんですが、旅の終りはそんなもん。



今回のツアーは朝食付きのプランだったのでホテルでいただきました。
結婚式の披露宴で使うんだろうなぁという大きなホールでバイキング。



沖縄料理もあり充実してましたが、ホテルのおばぁがお勧め好きで、
「これも美味しいよ」「あれもどうぞ」と、云ってくれるんですが、
お腹には限界ってものがあります。期待に応えられずごめんなさいw

チェックアウトしたものの、時間が早すぎてどこも開いていません。
相方の検索機能を駆使したら、沖縄工芸館”琉球の館”がHIT。
早朝ゆえ、客は私たちのみ。丁寧に工場から案内して頂きました。



今では誰も作れないような超高価な織物などには一寸感動しました。
トイレの大きさを考えると、団体客を受け入れる施設なのかも。
お土産をいくつかゲットし出立。それでもまだ9時くらいでした。
こんな時間にやってるのはスーパーぐらいでしょ、ってことで、
近くのサンエーへ。やっぱ地元のスーパーを見るのは楽しいです。
写真はあんまとれないんですが、あんなのやこんなのがありましたw

【沖縄日記】3日目その8

2008.10.13 Monday | by 【し】
疲れきるまで国際通りを歩いてたらいつのまにか日も暮れてました。
沖縄最後の夜。最後の宴です。選びに選んだ店に入るべきでしょう。
はい、ホテルの隣りにあった居酒屋”串串”に入っちゃいました。
だって、皆疲れてたんだもん、探すの面倒だったんだもん、いいよねw

カウンターに炭火焼にテーブル席がいくつかあり、照明は若干暗め、
おしゃれ居酒屋って感じ。でもメニューには沖縄料理が並んでます。



お通しはもずく。薬味にはわさび。これは初めてのパターンでした。
お酢ではなく出汁醤油で和えてる感じで、わさびとよく合うんです。



最終日でついにヒラヤーチーと遭遇。思ってたとおり美味しかったです。



フーチャンプルーだっけ。んー、いよいよもって記憶が曖昧です。



これはなんだっけ。豚肉やニラを卵で閉じた感じの沖縄料理・・・かな。

なんだかんだで食べたかった沖縄料理は制覇した感じがします。
で、どれもどの店も、失敗!ってのがなかったです。すばらしい!
ついでに体重も随分増えたような気がします。ま、いいよねw

【沖縄日記】3日目その7

2008.10.12 Sunday | by 【し】
誰が何と云おうともまだまだ続きますw

やちむん通りから市場へ向かいました。第一牧志公設市場です。



狭い通りから大きな通りまで、お店がぎーっしり並んでいます。



観光客もいっぱいですし、お土産を売る人もいっぱいいます。
とにかく活気に満ちてます。そしてお土産も結構安いです。



市場で買った魚を2階の食堂で料理してもらい食べることも可能。



もうね、青とか赤とか、青森じゃ見れない魚がいっぱいです。



果物も北のほうでは採れないのばっかり。そしてうまそうです。



ま、これはね、あってもなくてもというかなくてもいいかなw

【沖縄日記】3日目その6

2008.10.11 Saturday | by 【し】
最終日の宿は、和洋折衷。ベッドと畳に布団がある部屋です。



畳にはテーブルがあり、お茶とお茶菓子という定番スタイル。



でも畳は何気に琉球畳だったり、らしさを出してていい感じ。



何より窓を開ければすぐそこが国際通りというロケーション。
荷物を置いてタクシーで”やちむん通り”を目指しました。



1件目の店を覗いて、なんとなく高いなって感じちゃったので、
それ以降は通りの佇まいを味わう感じでぶ〜らぶらしました。



観光客が多いのが玉に瑕ですが、趣のある通りだなと思います。



古い民家や南国情緒溢れる草木が楽しめます。もちろん陶器もw



あちこちに猫が転がってました。居心地のいい通りなのかも。



車のグリルにシーサーがくくりつけてありました。車除け?w

【沖縄日記】3日目その5

2008.10.10 Friday | by 【し】
その後、与勝半島と平安座島を結ぶ海中道路を目指しました。



↑こんな光景が見られるはずだったんです。はずだったんです。



↑こんな光景が見えました。今回ばかりはタイミング悪く大雨。
ま、今までこんなに晴れてたのが不思議なくらいなんですからw
つか、朝のスノーケリング時に降らなかったのが逆に不思議w

雨もやむ気配がないので、海の駅”あやはし館”で休憩しました。
この海の家は海中道路の真ん中にあります。シャワーなんかもあり、
ウインドサーファーや水上バイクを楽しんでいる人が・・・、
やはりこの雨のためか、ほんの数人だけでしたゴメンナサイw



さらに橋を進むと、平安座島があり、さらに先には伊計島があり、
いろいろ見所もあるのですが、雨だしもういいか、ってことで、
那覇市を目指しました。といってもやはりナビにやっつけられ、
今日もよくわからない道を走ったのは云うまでもありませんw

そういえば迷走してる途中”北中そば”という店を見かけ、
なんかおいしそうじゃん!って盛り上がりはしたものの、
やはり少食ゆえ誰もお腹が減っておらずスルーしました。
で、帰ってから調べたら、結構有名なお店だったらしい。
うん、残念なことした。でも、入っても食べれなかったしな。
やっぱりここも、次回への課題としておきましょうw

つか、今気がついたんですけど、
沖縄日記、既に15話目でした。
写真に至っては79枚目です。
書きすぎですよね書きすぎですよね。。。

でも、まだ書きますw


【沖縄日記】3日目その4

2008.10.09 Thursday | by 【し】
スノーケリングの後は那覇のホテルにチェックインします。
ただし、予定では15時くらい。あと5時間くらいあるかも。
というわけで、とりあえず恩納村の道の駅”おんなの村”へ。



なんだかんだで沖縄の道の駅、かなりの数まわりましたね。
いろんな現地のものが見れるので、道の駅は楽しいです。
まぁ値段は結構観光地価格なので、あまり買いませんがw



楽しそうな食べ物にも遭遇します。てんぷらは旨かった。
スノーケリングで疲れた体でも全然もたれませんでした。



こちらは”ぽーぽー”です。ヒラヤーチーは残念ながら売切れ。
で、かわりに頼んだんですが、期待以上に美味しかったです。
ぽーぽーが何かは各自調べてください。すぐ見つかりますからw



シークヮーサー酢ドリンクと、白玉ちんすこうアイス、だっけ?
前者は読んで字の如くさっぱりとしたシークヮーサージュース。
後者はあったかいおもちとちんすこう入りのアイス、だったかなw
うん、さすがに2週間以上前のことになると記憶が曖昧だねw

【沖縄日記】3日目その3

2008.10.08 Wednesday | by 【し】
海の青さもすごいんですが、南国の魚たちも楽しいです。
手を伸ばせば触れるくらい近い。そしてあまり逃げない。
岩のくぼみや水面すれすれやいろんなとこで泳いでます。
そうそう、ニモ?だっけか。カクレクマノミもいました。

洞窟で下を見ると、ダイビングで参加してる人がいました。
あれはあれで楽しそうなんですよね。次回はやはり。。。w

洞窟を出ると、今までおさまっていた波におどろきます。
しかも、舟へ戻るのに、その反対方向にひっぱっられます。
正直、ここでも焦りました。全然進まなくなっちゃって。
でもまぁ、最悪先生が迎えに来るだろうから大丈夫です。
むしろ時間をかけて海中を見ながら帰るといいと思います。

そんなこんなで舟へ戻り、港へ帰ります。名残惜しいです。

今回お世話になったツアーのスタッフはいい人ばかりでした。
緊張をほぐすために笑わせてくれたり、海に入ってからも、
ちゃんとみんなの様子を気遣った上で案内してくれるし、
何よりみんな明るい。楽しく仕事してるのが伝わるので、
こっちも楽しくなります。比較的若いスタッフが多いのに、
頼りがいがあるし、手作りでやってます、って感じもいい。

最後にシャワーを借りれるんですが、置いてあるタオルが、
近隣のホテルのだったりして、これまた笑いを誘います。
観光客がホテルからパクってきて置いていったんでしょう。
で、それをちゃっかり頂いて、貸し出し用にしてるんですね。
うん、こういう小賢しい感じ、キライじゃない。むしろスキw

最後はスタッフ総出で車の見送りをしてくれました。
お世話になりました。またヨロシクお願いしますw



で、写真なんですが、現像できたのは大体半分くらい。
もしかしたらスーツケースに入れて預けちゃったので、
X線での検査で感光しちゃったのかもしれません。。。
次回はちゃんと手荷物にして持ち込むようにします。

【沖縄日記】3日目その2

2008.10.07 Tuesday | by 【し】
集合時間に思いっきり遅れてきたカップルがいたり、
ウェットスーツがやたら大きかったり小さかったり、
まぁいろいろありましたが、とりあえず出航しました。



なんか漁港の海の色ですら青森とは全然違うんですよね。
当たり前っちゃ当たり前なんですけど、既に感動してました。
船上でスノーケリングの注意をいろいろ云われたんですが、
基本、鼻で息を吸わない。ウェットスーツは絶対沈まない。
これだけ覚えてれば大丈夫な気がします。個人的には。

朝一番早いコースだったので、他の舟は1、2隻でした。
混む時間帯だと沖にずらーっと舟が並ぶこともあるそうです。
そういえば帰りにはかなりの数の舟が集まっていましたね。

水温は28度ほどらしいです。入った瞬間は冷たく感じます。
でも、あっという間にそんなものには慣れてしまいますね。
で、水中を見た瞬間、もう、それどころじゃないって感じ。



入水した地点は案外水深が深いです。少しビビリましたw
でも、絶対沈まないし呼吸が確保されてるんで安心です。
そしてすぐ、美しい魚と珊瑚の虜になります。超綺麗です。
ずーっと、ぼーっと眺めてもいいくらい、超楽しいです。

で、インストラクターの先生が浮き輪を持っててくれます。
泳ぐのに自信がない人はこれにつかまってれば大丈夫。
先生が浮き輪ごと洞窟まで引っ張っていってくれます。
ということは、ずーっとぼーっとしてると、はぐれます。
結局、一生懸命先生の後を追いかけるしかありません。
でも洞窟に向かうのは比較的楽です。波に乗ればいいので。

洞窟内に入ると波が静かになります。奥に進んで外を見ると、
まさにガイドブックやHPで紹介されるような光景が、
これでもか!と広がってます。月並みですが、キレイです。
ま、こればっかりは見てもらわないとわかんないです。
私の駄文ごときじゃ、伝わらないし、かえって失礼ですw