SV余話30

2009.03.29 Sunday | by 【し】
行きの飛行機は4列シートの右から2番目という好位置。
さらに、私以外の3人が全員中国人という強烈な環境。
トイレに行くにも一苦労。寝るにも一苦労の席でした。

で、帰りもやっぱり同じ位置。右隣はやっぱり中国人。
でも、左隣の二人は5日間行動を共にした視察参加者。
しかもその中でもかなり打ち解けたメンバーだったので、
一緒にビールを頼んでみたり、世間話なんかしてみたり、
寝たまま動かない右隣を刺激せず3人でトイレ行ったり、
何かと行きよりラクでした。ま、ある意味2度目だしね。

あと、とにかく気をつけたのは絶対に寝ないってことです。
降りたらまた夜です。そこで寝れないと時差ボケ完成です。
ビールも一缶で我慢し、トークと読書ですごしました。

つか、やはり他の参加者は海外での仕事が豊富のようで、
来月はベトナムだ、オレ先月行ったよ、なんて会話が。
東南アジアとオフショアとかあたりまえにしてるようで、
当然英語も理解してるし、何よりなんか旅慣れてます。
パスポートにも出入国のハンコがいっぱい押してありました。



たどり着いた東京は寒かった・・・んじゃないかな?w
急げば最終の新幹線に間に合ったんでしょうけど、
間に合わなかった場合、とても悲しいことになるので、
東京で1泊する予定でした。宿は八重洲富士屋ホテル。
シングルを頼んでいたはずなのに、何故かツインに。
料金は変わらずなのでいいんですが、何に使えと?w



結局、日本に帰っても撮りました。クリスマスツリーw



今回一緒に行った先輩が、蕎麦が食いたい、とのことで、
蕎麦屋に入店したらあと15分でラストオーダーだって。



ギリギリのタイミングでザルを注文。あぁ、美しき日本w



さらに山葵は生。自分でおろします。あぁ、美しき日本w

今回実感しましたが、あの国で普通に飲食しちゃダメ。
どう考えても量が多すぎる。あと甘いものが甘すぎる。
たかだか1週間ですが、確実に2、3キロ太りました。
あんな生活してちゃ、そりゃ肥満にもなりますがな。

あと、1週間英語だけ聞いていると、それなりに慣れるw
単語と文法がわからないから訳せはしないんですが、
ちゃんとなんて云ってるかは聞き分けられてました。
仮に日本が52番目の州になっても何とかなるかもw

ま、そんなことを思ったシリコンバレー視察でした。

次は、プライベートで行きますw

あと、業績悪化に伴い、以降の研修が禁止になりました。
こんな視察なんかより行きたい研修いっぱいあったのにw

SV余話29

2009.03.15 Sunday | by 【し】
去年の11月の話ですからね、いい加減終わらないとねw

フィッシャーマンズワーフでしこたまエビを食べた後は、
再びケーブルカーでホテルのあるあたりまで戻りました。



さすがに夜もどっぷり暮れ、オープンなケーブルカーは、
多少寒くなり、沖縄からの参加者はがくがく震えてましたw



案の定というか、何と云うか、現地の人はやっぱり半袖w
酒でも飲んでるのか、始終大きな歓声をあげていました。



ケーブルカーを降りたのは宿泊してたホテルではなく、
一寸離れたとにある高級な(名前忘れたw)ホテルでした。
今なら見事なクリスマスツリーが拝めますよ、とのこと。



こういうのを見ると、どの国でもやることは同じなのねw



ホテルに戻り、長い旅の最後の夜を静かに過ごしました。



翌朝、結構早起きの私が轟音で否応なく起こされました。
アメリカの工事って、朝早くから始まるとは聞いてました。
早く仕事を終え、早く家に帰って家族と過ごすのが当然。
夜まで残業して会社にいるのは言語道断!なんだそうで。



で、日本のIT業界にない家族愛に叩き起こされたって訳。
朝早くから真下のビル工事現場ではガシコーン!ドドゴーンと、
デカイ音をたてて重機やクレーンが動き回っていたのでした。
早く仕事を始めて早く仕事が終わったら、仕事が増やされ、
余計に働かねばならなくなる日本のIT業界とは違うのね。



やや寝不足のままサンフランシスコ空港へ。人、少ないw
そういえばチェックイン等は全て自分でやらされますね。
職員を極力少なくしているんでしょう、コスト削減の為。



空港内はとてもキレイで清潔で、新しい感じがします。
もしかしたら改築とかしたばっかりなのかもしれません。



もしかしたら、もう二度とこないかもしれない空港から、
日本へ向けて飛び立ちました。さぁ、次回はラストです。

SV余話28

2009.02.22 Sunday | by 【し】
フィッシャーマンズワーフの正直な印象は、お土産屋さん街w
同じような商品を同じような値段で売る店が軒を連ねています。
まぁ観光地によくある風景。昼だとまたちょっと違うのかな。



クラムチャウダーを売る屋台から湯気が立ち上っています。
甲殻類の料理を売る屋台からは香ばしい香りが漂ってます。



正直、屋台で食べてみたかった!

でもね、このツアーの企画者の大先生が、
「今夜はラストナイトです。自分にご褒美をあげましょう」
「この界隈で一番上等なレストランでディナーにしましょう」
って云ったら、従うしかないじゃないですかw



うぅ、自分のランク的には絶対屋台が似合ってるのになぁ。
つか、旅に出たらこういう屋台で食べてこそなんだけどなぁ。

で、泣く泣く屋台街を後にしてむかったのが「Scoma's」です。



後から調べてわかりましたが、ホントに有名な店のようです。



ロブスター料理が評判らしく、薦めにしたがってオーダー。



したらば、丸々一匹分のロブスターが料理されて出てきました。
えぇ、がんばりましたよ、えぇ。ちゃんと残さず食べましたよ。

そうそう、この店、ちょっと値段が高いのでも有名らしいです。
人生で初めてです。1回の食事に70ドルなんて金使ったのw

ま、それなりに宴も盛り上がり、ラストナイトは更けて行きました。


SV余話27

2009.02.01 Sunday | by 【し】
フィッシャーマンズワーフへ行きましょう。
って話になり、ケーブルカーに乗りました。



市内のあちこちを走り回ってるらしく、
乗り場で待ってるとケーブルカーが、
ドンドン集まってきます。けれど、
待ってる人もハンパなく多いので、
なかなか乗ることができませんでしたw



乗り場でケーブルカーがターンし、
各路線に戻っていくんですが、
何故か手動でターンさせてました。



ターンテーブルを回す係りの人は、
ごっついお兄さんやおじさんでした。



観光客のカメラにも慣れてる様子で、
短い言葉を交わし笑いを取ってました。
「君たちにこれは回せないぜ、ヘヘン」
みたいなことを云ってた気がしますw



ケーブルカーは非常にオープンで、
デッキに立って乗ることもできます。



話には聞いてましたが、
ホントに坂の多い街です。



出発したときは明るかったのに、
いつの間にか夕闇が迫ってました。



日も落ち夜の帳に包まれた頃、
フィッシャーマンズワーフに到着。
乗ってたのは30分程なんですけどねw

SV余話26

2009.01.19 Monday | by 【し】
既に余話というよりは、UPしてない写真集ですw



なので口数というか文章は極端に少なくなりますw



最終日のホテル。パーク55って名前でしたが、



過去に泊まったことのないクラスの部屋でした。



トイレも広く、当然バスタブも広く、綺麗清潔。
大きなクローゼットに、妙に立派なデスクもあり、



建物の角部屋なのか、窓窓窓、ひたすらでかい窓。



ミネラルウォーターも備え付け。ん?有償だったかな。



テレビも大型薄型テレビ。とにかく豪華なホテルでした。

つか、毎回ながら、この巨大なベッドをどう使えとw

SV余話25

2009.01.05 Monday | by 【し】
最終日のお昼ご飯は【刀屋ラーメン】で食べました。
そんなにラーメンが食べたかったわけじゃないし、
味に期待してたわけでもないんですが、とりあえず、
旅の記念に、というか、ひやかし半分で行きましたw



メニューにはラーメンだけじゃなく、蕎麦、うどん、
あげくには寿司、カツ丼、定食と、なんでも来いですw



で、とりあえず、ビール。昼からビール。旅はイイ!w



カウンターが5、6人分、ボックス席が5、6個くらい。
それほど大きくない店ですが、外には行列が出来るほど、
人気がある・・・のかな、結構繁盛しているようです。
日本人観光客が半分、あとはアメリカ人って感じでした。

一緒に入った同僚はこの店の看板メニューと思われる、
刀屋ラーメンを、私はふつーの醤油ラーメンをチョイス。
写真は撮りそこないましたが、この刀屋ラーメン、
中に餃子が入ってたそうな。よかった、頼まなくてw



醤油ラーメンは案外うまかったです。脂っこくないし。
でも、塩加減はちょっとキツイかな。のどが渇きました。
その他の料理が美味いかどうかは結局不明ですけど、
近くに行くことがあれば寄ってもいいかな、って店でした。

SV余話24

2008.12.30 Tuesday | by 【し】
どんだけこぼれ話があんねん、て話ですがw



最終日の午後、やっと自由時間となりました。
サンフランシスコを楽しみなさい、って話です。



といっても、
ドコ行ったらいいかわからないし、
下調べをしてたわけでもないので、
歩ける範囲をトコトコ見てましたが、
男性より女性が楽しい街だなぁ、
ってことだけはわかりましたw



現地案内人のオススメ”Macys”でお買い物。



いつものようにカードを出したら、
「IDを見せろ」云われました。
しかし・・・、
旅券はホテルに預けた荷物の中!
持っていない旨を伝えたところ、
「顔を確認できるものはあるか?」
みたいなことを云ってきました。

あ、勿論英語で云われてたんで、
本当のところはわかりませんw

で、たまたま財布の中に入ってた、
日本の運転免許証を取り出し、
じゃぱにーずどらいびんぐらいせんす!
と、自信満々に怯えながら見せると、
渋々といった感じでOKをくれましたw

旅券のコピーは是非携行しましょうw


SV余話23

2008.12.26 Friday | by 【し】
ゴールデンゲートブリッジを見てきました。



ゴールデンって名前ですがオレンジ色ですw



この海峡をゴール・デンゲートと呼ぶので、
そんな名前になったらしい。和名は金門橋。



ちなみにやっぱり自殺の名所だそうですw



橋の袂にあった銅像。誰?w

SV余話22

2008.12.25 Thursday | by 【し】
自動車大国アメリカ。



その言葉は伊達じゃないっす。



張り巡らされたフリーウェイ。



ちょっと走ってみたかったですw

SV余話21

2008.12.24 Wednesday | by 【し】
4泊したラマダイン。写真でご紹介。



とにかく広いベッド。何に使えと?w



ソファーもあります。何に使えと?w



テレビはブラウン管。引き出し付き。
この引き出しは結構活用しました。



冷蔵庫。ハンガー。コーヒーセット。



ドライヤー、シャンプー、石鹸など。



立派なバスタブ。使いませんでしたw



カーテンを開ければ中庭が見えます。
勿論、中庭からも中がよく見えますw



アイロンとでっかいアイロン台付き。
これもやっぱり使いませんでしたがw



コレ、一緒に行った先輩は最後まで、
電子レンジだと思ってたそうですw