いざ鎌倉2010【36】

2010.10.31 Sunday | by 【し】

他にもいろいろ見たい場所はありましたが、
時間には限りがございます。弾丸なのでw

後ろ髪引かれながら鎌倉を後にします。
まぁ、鎌倉ならまた来れる気がするしね。
箱根は絶対また来るって誓ったしねw

大船から羽田行きのバスに乗りました。



乗客はうちら二人とプラス二人程度。。。
高速使って行くんだから絶対赤字だよね。



ベイブリッジを渡りました。

思ったんだけど、首都高って絶対走れないw
看板多いし、どれ見ていいかわかんないし、
見ても地名がわかんないし、わかってても、
イマイチ理解しにくい!わざとか!あの看板w

というわけで、車で来なくてよかったですw



しかも天気めっさ悪かったしね。。。
まぁ、それは当たり前なんだけどw



この日を境に秋が来たらしいですよw



西側の席はこれがあるからたまらない。



晩御飯は【銀むつ弁当】。まぁ、メロなんだけどねw



何気に美味しかったですよ、ご飯は多すぎですがw



定番【カツサンド】。

えーと、あれからもう1ヶ月以上たちますが、
相方の水疱は未だに完治に至ってませんw

帰ってきても水疱が小さくなる雰囲気がなく、
っつか、むしろおっきくなるばかりだったので、
こりゃもうあかんと皮膚科に行ったんですね。

したらば、

「あー、これは破りましょう」

ってあっさり云われたそうです。
それくらい大きかったみたいw

で、破って患部にクスリを塗って治療しました。
その甲斐あってか最近ようやく治癒してきて、
外気に晒してもいい薄皮が出来てきました。
まだまだ肉っぽいので見ててコワイですがw

たかが蚊、されど蚊。恐ろしいものです。。。
旅先には虫除けが必須と心に刻みます。



最後の輝きを見せる西の空。

この旅を振り返って思うのは、

箱根ってたのしぃ!
鎌倉っておもしれぇ!

この二言に尽きるかとw

いやー、宮古島に次ぐくらい、
リピートしていいかも感あり!

つか、いろんな意味でリベンジしますw


いざ鎌倉2010【35】

2010.10.30 Saturday | by 【し】

書き忘れてましたが、寒いだけじゃなく雨になりました。
前日のあの暑さ、あの日差しはなんだったんだろう。。。



そんなこんなで傘の咲く長谷寺へ。



小さなお地蔵様がいっぱい。



ここまで多いとちょっとコワイです。。。w



阿弥陀堂。本堂は撮影禁止でした。



十一面観世音菩薩像は素晴らしかった。
見上げて思わず溜息が出るほどでした。



経蔵内の輪蔵。これを1回まわすと大蔵経を読んだことになるそうです。
だがしかし!まわせるの毎月18日と決まっているらしい。む、無念なり!



しかし、鎌倉はネコの多い町です。



天辺まで登るとこの眺望!

でも、寒かったのと空腹に勝てず、『潮音亭(ちょうおんてい)』へ避難w



カレーうどん(名前は忘れましたw)と、



うどん(これも名前忘れたw)をいただきあったまりました。


いざ鎌倉2010【34】

2010.10.29 Friday | by 【し】

鎌倉最後の夜はそう簡単に終わってはくれませんでした。

相方の蚊に刺された部分が水泡になっていたのです。

水膨れを想像したあなた!そんな甘いもんじゃないw
その時点では直径2センチ高さ1センチくらいかな。
でも最終的にはピンポン玉くらいになりましたからw
写真はありますけど、完全にグロなのでUPしませんw

まず思ったのが、これ、蚊と違うんじゃね?ってこと。
もっとヤバイ虫や動物に刺されたのかと思いました。
で、最初にしたことがネットで検索!あぁ、ネット世代w

「アレルギー反応を起こして水泡になることがある」
という記述を発見して少し安心しました。ネット最強w

「水泡は破っちゃダメ」という記述があちこちにあり、
なんとかして保護せにゃ!と、フロントへ走りました。

斯く斯く云々と伝え、包帯とガーゼを所望してみました。
包帯はあるけどガーゼはないとのこと。が、少し考え、
女性用のコットンパフならありますが、どうでしょう?
との提案が。OKです。それで十分事足りると思います。

結局買った痒みどめと、パフと包帯で患部を保護して、
とりあえずその日は就寝、翌朝の劇的回復を祈りました。

が、むしろ水泡は大きくなってましたw

さすがに素人がどうこうできる大きさじゃなかったので、
再びフロントへ。休日でも診てくれる病院を聞きました。
病院名だけでよかったんですが、皮膚科の先生はいるか、
どの程度の治療ができそうか、まで調べてくれてました。

第一イン湘南にこの場を借りて御礼申し上げます。
親切な対応感謝してます。ありがとうございました!

皮膚科の先生はいないし、救急治療しかできないけれど、
最も近いであろう茅ヶ崎徳州会病院に行くことにしました。

が、間違って同病院の駅前クリニックに行っちゃいましたw
とりあえず診てくれた看護婦さんが驚いてたのが印象的。
プロが見ても驚くほど水泡は育ってくれてたみたいですw

再びとぽとぽと病院を目指します。



1.青森?遠くからわざわざどうも。
2.破ってもいいけど破らないほうがいいよ。
3.とりあえず患部保護くらいしかできないよ。
4.鎌倉を楽しんでいってください。

ってな感じの治療(?)を受け、病院を後にしました。
あ、料金は思ったほど高くなかったです。ありがとー!
でも、もうこの病院に行く機会はないんじゃないかなw

とりあえず、安心とプロの包帯を手に入れたので、
なんとなく元気になり、本来の目的地へ行きますw



江ノ電でGO!



前日とうってかわって超寒かったこの日。
でも湘南の海にはサーファーがいました。



長谷駅。



観光客の波に乗ってトコトコ進みます。



お、お、ついに?



鎌倉の大仏様キター!



昭和大仏を見て育っているからか、意外と小さく感じましたw



哀愁を漂わせる背中w



あとは奈良の大仏様を見るだけだな、とか思ってましたw


いざ鎌倉2010【33】

2010.10.28 Thursday | by 【し】



佐助稲荷を下り、わき道から銭洗弁財天を目指しました。



基本的にこの辺の神社って、鳥居多いのなw



裏手から入ったので突然視界が開ける感じでした。



手順通りにろうそくつけたりしてお金をじゃぶじゃぶ。



人気スポットなんでしょうね。観光客がいっぱい。



小休止。。。



市役所方面に下っていくと『ぶんぶん紅茶店』なる喫茶店が。思わず入店。



なかなか面白いお店でした。置いてある本もw



アルコールの入った何かを頼んだ気がしますw

店を出た後、ちょっと先に『甘味処こまめ』を発見。
相方は「こっちがよかったー!」って嘆いてましたw

目の前のバス停からバスに乗って鎌倉駅へ。
まぁ歩けない距離じゃなかったけどね、けどねw

西口をちょっと南に下った路地で夕食にしました。



『お好み焼き津久井』さんです。

ここまできて粉モンかよ!と思ったあなた。
侮るなかれ、そこまで粉モンらぶなのだよw



店内は落ち着いた感じのお座敷です。
1つか2つ、テーブル席もありました。

その日はホームステイっぽい外国の女の子を、
お好み焼きでもてなすパーリーが開催されてて、
聞こえてくる会話が何気に楽しかったですねw



【津久井天】



【手羽先ギョーザ】



庭を眺めてお好み焼き、も乙なものです。



古民具とかもあって外国からの観光客も喜びそうです。



実際、外国のお客様もあとからみえてましたし。
店員さんも親切でとてもあずましいお店でした。



ながーくあつーい1日が終わりました。

終わりました?w


いざ鎌倉2010【32】

2010.10.27 Wednesday | by 【し】

寿福寺の開祖は北条政子、そして彼女の墓もあるとのこと。



本堂は公開されてなかった気がします。写真がないのでw



木漏れ日の中に続く石畳が美しい。



緑の生い茂る中を散策。高浜虚子の墓や北条政子の墓をぶらぶら眺めました。

緑生い茂る、ってことは、えぇ、つまりは、蚊がいっぱいいるってことですw
どうもこのぶらぶらの最中にもあちこち蚊に刺されてしまったみたいです。

当初の予定では、寿福寺からハイキング道路を通って源氏山公園へ抜け、
公園から銭洗弁財天に抜け、さらに佐助稲荷まで下ることを考えてました。

が、どうも源氏山へ抜ける道が見当たらない。唯一見つかったのが急な坂道。
しかも、「これ、ハイキングじゃないよね?けもの道だよね?」って思うくらい、
草木に覆われた急坂なのです。後から調べたらそれが正解のルートでした。
でも、間違いなく無装備ではアタック出来ない感じだったので断念しました。

で、正規ルート(?)でまず佐助稲荷を目指しました。



佐助隧道。この手前に『茶房 雲母(きらら)』って甘味処があります。
ここで一服しようと思ったら、満席で外にまで列が出来てました。。。
とりあえず断念してこの時期としてはありえない暑さの中進軍します。



ようやく佐助稲荷が見え始めました、が、



ある意味ここからが真骨頂。石段スタートですw



憎つれぇ顔でお狐様が見てらっしゃいました。



本堂到着!なんなんだろ、この苦行はw



振り返るとこの長さ。。。よくがんばったなぁ。



凛々しいお狐様。ちょっとは褒めてくださいねw

でも、まぁ行ってよかったなぁとは思いますw


いざ鎌倉2010【31】

2010.10.26 Tuesday | by 【し】

荏柄天神社の近くには鎌倉宮があったんですが、
暑かったので今回は断念。いや、ホントあつk(ry

鶴岡八幡宮前まで戻り、『天金』さんで昼食です。



昼食です!w



【野菜天丼】だったかな。季節の野菜天だったかな。



人気メニュー【かまくら丼】はエビ天の玉子とじ丼。

どちらも美味しくいただきました。
古い店ですが店内はとても綺麗。
お店のおばさんおねぇさん達も、
明るく丁寧な対応をしてくれます。

ちなみに、あまりに暑くて汗だくだったので、
トイレでTシャツを着替える荒業を敢行w

元気を取り戻して店を出ました。



何か謂れがあった井戸跡。なんだったっけなぁ。



次に目指したのは寿福寺です。



江ノ電なんかを眺めながらトコトコ歩きました。


いざ鎌倉2010【30】

2010.10.24 Sunday | by 【し】

この日、ほんっとうに暑かったんです!(←しつこいw)



杉本寺から歩いて荏柄天神社へ。



暑いけどがんばりましたよーw



うおー、また石段だー!



がんばった、自分がんばったw



菅原道真公をまつっています。

太宰府天満宮、北野天満宮と共に、
三天神社と呼ばれているそうです。



絵筆塚。漫画家154人のカッパレリーフがあるそうです。



御神木の下の木陰はひんやりとして心地いいです。



市の天然記念物だそうです。



樹齢は900年とのこと。

この地で何を見てきたか、聞いてみたいですねぇ。


いざ鎌倉2010【29】

2010.10.23 Saturday | by 【し】



杉本寺に到着。おぉう、またも石段ですw



この日、暑かったんですよぉ。何度も云います暑かったのw



頑張って登りましたよ!



振り返ればこの高さ。つか、石段、急だよね。



阿!



吽!



門にはお札が沢山貼ってありました。
ここにも見学の子供たちがいまして、
「なんでこんなにお札貼ってるんだろ?」
「封印して出れないようにしてんじゃね?」
みたいなことを話してました。
子供っておもしれーのなぁw
これはそういう”お札”じゃないぞw



この石段は苔むして危険らしく、通行禁止。
わき道から迂回して本堂を目指します。



本堂到着。中は撮影禁止なので、観音様はUPできません。



正直、ここの観音様が一番感動したかもしれません。
賽銭箱の前で見てたんですが、それでも圧巻でした。

すると、脇の小窓から「どうぞ中の方へ」と声がかかりました。
へ?中?見ると、確かに中でお参りしてるお婆さんがいます。
てっきりお寺の関係者だと思ってましたが一般の人みたい。

「拝観料と引き換えに拝観券をお出ししてます。
 それがあれば中までお入りになれますよ」
みたいなことを云われました。(記憶曖昧w)

というわけで、賽銭箱を越え、本堂の奥まで入りました。
時間、信仰、人の想い、そんなものが降り積もってました。
なんか、背筋がピンと伸びました。心がきゅってしました。
鎌倉に来たら毎回訪れてもいいかも、って思いました。



本堂の脇からさらに上に登ることが出来ます。
暑かったけどがんばりました、がんばりました!



まぁ、これでも途中の景色なんですけどねw
暑くて途中で挫折しちゃったんですけどねw


いざ鎌倉2010【28】

2010.10.22 Friday | by 【し】

徒歩で報国寺へ向かいました。



山門をくぐると緑豊かな庭園が続きます。



雨の日は苔で滑りやすいかもしれません。



本堂。釈迦如来坐像がまつられているそうです。



鐘楼。鐘の中のほうが若干音が小さいそうですw



大小の五輪塔が沢山あります。



本堂の脇を通って奥へ進むと、



見事な竹林が広がっています。



ちょいと失礼しますよw



涼しい。。。風が爽やか。。。



ここにいるだけで健康になりそうですw



竹林の奥、『休耕庵』へ。



抹茶をいただきました。



こんな景色を見ながらいただく抹茶は格段の美味しさ。



こんな花が咲いてましたが、なんの花だろう。



足利一族のお墓だそうです。



竹林で涼んで体力を回復。次は杉本寺を目指します。


いざ鎌倉2010【27】

2010.10.21 Thursday | by 【し】

云い忘れてましたが、江ノ島で沈む夕日と、
富士山と烏帽子岩を、呆けて見ている間に、
どうやら相方と共に蚊に攻撃されてました。

その日、つまりこの前日からかゆみだし、
かゆみ止め買おうか、って話も出ました。
でも、宮古島で既に余分に買っているし、
あと2日だから我慢しようと思ってました。

私はまぁなんとかもっていたんですけど、
相方の症状がどうにもひどかったらしい。
暑さも手伝って痒さ倍増だったようです。



で、バスに乗って浄妙寺へ行きました。



簡素だけど荘厳な感じもある本堂。



庭は豊かな木々であふれています。



本堂は1756年の再建だとか。



奥には『石釜ガーデンテラス』という、
カフェ・レストランがあります・・・が、
長い石段が見えたのと暑かったので、
今回は、諦めることにしたのでしたw



枯山水なんかもあります。



彼岸花がちょっとだけ咲いていました。
時期的に早かったのかもしれません。